« 秋のサンメドウズ | トップページ | 夏のドラマを見る »

2015年9月15日 (火)

虫垂炎 緊急手術

さて、先日チラリと書いた
2015夏のすったもんだ、とは、
本日のお題の通りです。

今年は7月の連休の一週間ほど前から
なんとなくぼちぼちと予約が入って
仕事が続いていました。

12日頃からでしょうか?
なんとなく胃の辺りが痛いような
気持ちが悪いような・・・

あぁ、夏休みを目前にして
ストレスで胃がおかしくなったかな?
と、思っていました。

ところがこの痛み、
ずーーっと同じ調子で途切れなく続いて
夜、寝ていても痛いので
なかなか寝付けず・・・

翌13日には少し痛みが下に降りてきて、
今思えば、確かにお腹の右側が
痛くなっていました。

食事も、水も、ノドを通らなくなっていて、
痛いな〜痛いな〜痛いな〜
と思いながら
休み休み仕事をして、
その夜は胃薬を飲んでみたりもしましたが
まったく症状は変わらず。
ふた晩目の眠れぬ夜。

汗ばむ季節なのに水も飲めないので
脱水症状をおこし始めているのが
自分でもわかりました。
脱水をおこすと唇の皮がむけてくるんです。

これは病院に行かないと
仕事が出来なくなりそうだ・・・

連休を目前にした7月14日、
その日にもお客様はいたのですが、
チェックアウト後にすぐに行けば
昼過ぎには帰って来られるから・・・と、病院へ向かいました。

この時にはすでに自分で車の運転が出来ない状態になっていて、
主人に病院の入口まで送ってもらって、
お腹を抱えてそ〜っと歩いて
受付まで行きました。

ちょっとした振動でも痛かったんです。

今私が、コレステロールのお薬をもらっているかかりつけのお医者さんは韮崎なので、
今回はもっと近場で診てもらおうと、
市立の甲陽病院へ行ったのが正解でした。

よくわからないので
とりあえず内科で受診の手続きをすると、
受付の方が今日はどうしましたか?と。
お腹が痛いのですが。と言うと
では消化器外科がありますので
そちらで受診して下さい。と。

これも大正解でしたね。

ここの病院の外科は
いつも混んでいて
その日も待合の椅子はいっぱいで
キョロキョロと空いている所を探して少し離れた所にやっと腰掛けました。

でも、ほとんどが整形外科を受診する人だったようで・・・
膝や腰やあちこちが痛いという
お年寄りがとても多いんですね。

消化器外科は程なくして呼ばれまして、
症状を話したら、即、
盲腸ですねって・・・(°_°)

一応これから検査をしますが、
直ぐに手術した方がいいでしょう・・・(o_o)

もう、頭の中、ぐるぐる

今日は14日だから・・・
手術?入院?
え?最低一週間は仕事が出来ないよな・・・
は?連休までに間に合わない

CT、血液検査の結果
やっぱり虫垂炎。

お腹を押された時の痛いこと!
うわっ‼︎って思わず叫んでしまいました。

実は私、20年程前にも一度、
盲腸で入院したことがあって。
その時は、いわゆる、
薬で散らすと言われる処置で、
点滴をしながら二、三日?入院したんですが。

後で主人から
一度やったことあるのに
どうして気づかなかったんだ?と
言われましたが。

前の時は吐いて下痢して、
その症状が、ひどかったので
直ぐに病院に駆け込んだのですが、
今回とは全然違う感じだったんですよ。

まぁそんなこんなで

今日の午後2時から手術をしましょう、と・・・(O_O)

つづく

|

« 秋のサンメドウズ | トップページ | 夏のドラマを見る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 虫垂炎 緊急手術:

« 秋のサンメドウズ | トップページ | 夏のドラマを見る »