« 「engawa cafe」 | トップページ | 春の雪 »

2012年3月22日 (木)

マルスの手術

今日はマルスが膀胱結石の摘出手術を受けました。

ただでさえお医者さんは大嫌いで

いつも診察台の上でガクガク振るえているんです。

今日はなにかイヤな予感がしていたのでしょう、

ひときわガクガクふるえて、

せつないくらいにキュインキュイン鳴き続けていました。

120322marusu
麻酔が効いてきて朦朧としているマルス

麻酔が効くまで側にいて声を掛けて上げて下さいと言われ、

朦朧としてきたマルスを主人が抱いて手術台へ運びます。

後はもう、無事に終わりますようにと祈ることしかできません。

多分それほど難しい手術ではないのでしょうが、

それでも全身麻酔をかける以上は

なにかあっても不思議ではありません。

夕方、様子を見に行った主人によると

手術は無事に終わって

マルスはケージの中で目を覚ましていましたが

相当、いじけて、シッポをふるでもなく、

恨めしそうな目をして横目で見ていたそうです┐(´д`)┌

家に戻ってからの私と主人は

なんだか調子が狂ってしまって・・・・

何しろマルスの散歩だの、グルーミングだの、

ご飯だのと、もう生活の一部になっていて、

それがないと、なんだかネ。

今頃、眠れない夜を過ごしているのかと思うと

こっちも気になって眠れません

早く、元気に走り回れるようになりますように・・・

|

« 「engawa cafe」 | トップページ | 春の雪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マルスの手術:

« 「engawa cafe」 | トップページ | 春の雪 »