« 「旬菜ビュッフェ太陽と大地の恵み」 | トップページ | お鍋でご飯を炊く »

2011年3月13日 (日)

大地震

大変なことになりました。

地震直後から翌朝の5時半頃まで

ずっと停電していました。

日頃、いかに電気に頼った生活をしていたか、身に染みて分かりました。

いざとなれば薪ストーブがあるから大丈夫だと思っていたのですが

これだけ余震が続くと・・・

万が一の時に、薪ストーブは危険かも知れない???

薪ストーブには点火せずに、一枚多めに上着を着込んで、

着いていないコタツに半分足をつっこんで、

(小さなコタツに3人くらいで足を入れていると、何となく暖かいのです・・・)

もう何年も使っていなかったラジオを取り出して電池を入れ・・・

日が暮れてからは電池のランタンを着け・・・

そういえばなぜか我が家には懐中電灯とか

ランタンとか、そんなものがたくさんある。

うちはプロパンガスなので、とりあえずコンロは使えるのです。

普段ならレンジでチンで済むものも、

フライパンで炒めたりしながら、なんとなく夕食を済ませました。

ボイラーもお風呂の循環やヒーターも、

モーター類が全て止まっていると

怖いほどの静けさに包まれます、ましてうす暗い。

ラジオがついていなかったら、なんだかおかしくなってしまいそうデス。

家電も携帯も使えない状態でしたが

夕方になってやっと携帯のメールが使えるようになって

横浜の長男や母、新潟の娘の無事を確認することが出来ました。

寒いし、暗いし、と、早々にベッドに潜り込み、寝てしまいました。

外がマイナスになるような土地で全く暖房を付けずに過ごすなんていうのは

普通ならあり得ないのです・・・水道管の破裂も心配ですし・・・

明け方4時の揺れと長男からのメールで飛び起きました。

新潟で震度6・・・・

ぞぞっと背筋が寒くなりましたが、

直後に「震度6らしいけど、そんなに揺れたかな~?」なんて

のんきな娘からのメールでほっと胸をなで下ろしました。

電気が復旧して、テレビを付けると

信じられない映像が次々と映し出され、言葉をなくしました。

私たちは電気が切れただけで済んだんだ・・・

世界中から続々と救援の手がさしのべられているようです。

なのに同じ日本にいる私は何もできない。

せめて、せめて、

使わない電気のスイッチをパチパチ消している・・・

ブログなんて書いてる場合じゃないのかもしれない・・・

被災された方々が一日も早く暖かいお布団で眠れますように・・・

|

« 「旬菜ビュッフェ太陽と大地の恵み」 | トップページ | お鍋でご飯を炊く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大地震:

« 「旬菜ビュッフェ太陽と大地の恵み」 | トップページ | お鍋でご飯を炊く »