« 『風音(ふうね)』 | トップページ | 秋の味覚 栗! »

2010年10月 1日 (金)

『小作』

9月の連休の終わりに、新潟にいる娘が

友人を大勢引き連れて戻って来ました。

サークルで意気投合した仲間が14人もいるそうで

今回はその中の12人がはるばる山梨まで来てくれたのです。

なんと免許取りたての大学1年生たちが

レンタカーで来ると言うんだから・・・

大胆というか、無謀というか、肝が据わった娘にもビックリです。

初日はカレーでも作っておくからと約束はしたものの、

食べ盛りの若者12人・・・

普段、多ければ14人分のフルコースを作っている私ですが

カレーはやったことがなかったんですねぇー。

10Lの鍋に業務用のカレールーを買ってきて

初めての大鍋カレーに挑戦です。ちょっとワクワクです。

ご飯も8合を2回炊きましたが、見事に食べきりました。

元気にもりもり食べる若者は気持ちが良いですねぇ。

2日目の夜は山梨名物ほうとうを食べに、「小作」へ。

100930kosaku3

あまりはっきり顔が写ってもいけないので

みんながあっち向いてる時にパチリ。

私と主人は完全に保護者です。

100930kosaku2

みんながほうとうを食べているのに私たちだけ天丼。

しっぽのはみ出た海老と穴子の「相乗り天重」です。

やっぱりこれ好きなんですよねぇ。

そしてこの日は念願の「あずき ほうとう」を

100930kosaku1

前から気になっていて、食べてみたかったのですが

なにせ鍋いっぱいのぜんざいにほうとうが入っているようなもの。

さすがにコレを一人や二人で食べるのはきつい。

みんなにお椀で取り分けて、一口ずついただきました。

デザート代わりにお椀で一杯くらいが丁度良いです。

さすがは山梨を代表するような「小作」です。

平日の夜でもお客さんで一杯でした。

それにしても、まさに「今時の若者」たち12人。

どんな、訳のわからない若者たちが来るんだろう?と思っていたのですが・・・

みんなとても良い子たち。

話してるのを聞いていても、まるで兄弟姉妹たちのよう。

娘が新潟でどんな生活をしているのだろうかと

やっぱり親としては心配していたのですが

あんな良い子たちと連んでいるのなら安心です。

大学って、もちろん勉強するために行くんだけど、

誰かと、何かと、出会うため、だったりもするのかな?

この出会いがどう発展するのか?どんな意味があるのか?

人生って面白いよね?

|

« 『風音(ふうね)』 | トップページ | 秋の味覚 栗! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『小作』:

« 『風音(ふうね)』 | トップページ | 秋の味覚 栗! »