« アオゲラ | トップページ | 「香ほり屋」 »

2009年12月 7日 (月)

自家製酵母パン

091207yatugatake

すっかり冬景色の八ヶ岳。

夕日を浴びてほんのりピンク色。

さて、レーズンから酵母を起こすぞ!

言ってからずいぶん経ちます。

実は一度目は失敗。

表面にカビが出てしまいました。

たぶん温度が高すぎたのと、レーズンが新鮮ではなかった為だろうと

推測して、それに気を付けながら再チャレンジしました。

二度目はカビも出ずに、シュワーっと泡がでてきて、

どうやら酵母が出来たっぽい・・・(写真を撮るのを忘れました)

今度はどんな配合で生地を作るのか?

いろいろ調べて2種類の配合の生地を作ってみました。

が・・・どちらもなんだかべちゃべちゃで恐ろしく扱いにくい生地です。

なんとか丸めて焼き上がったのがこれ。

091207koubopan1 

ちゃんとパンになったのは嬉しかったんだけど

砂糖が多すぎで甘過ぎでした。

次がこれ。

091207koubopan2 

091207koubopan3 

普通のレーズンで酵母を起こしたので

酵母液がレーズンの色になってしまって

パンも茶色っぽくなってしまいましたが・・・

砂糖はごく少量しか入れていませんが

かみしめるとほんのりと甘味がします。

白神こだまのように酵母の甘味なのでしょうか?

トースターで焼くとサクサクになります。

091207koubopan4 

続いてこれ。

エルベテルの主人にアドバイスをいただいて

水分量もいい感じです。

091207koubopan5 

水分量の感覚がつかめれば、

何となく配合は解ってくるんですが、

何しろ一つ焼くのに2日掛かりですから大変です。

噛みしめるほどに甘味や、何とも言えない旨みがあって、

これを食べた後にイーストのパンを食べると

何となく物足りない感じがします。

また作りたいけど、時間が・・・・

|

« アオゲラ | トップページ | 「香ほり屋」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自家製酵母パン:

« アオゲラ | トップページ | 「香ほり屋」 »