« 私のカントリーフェスタin清里 | トップページ | 全粒粉入り ピザ »

2009年10月26日 (月)

りんごのファーブルトン その2

紅玉を使ってファーブルトンを焼きました。

091026farbruton

これ、確か前にもブログに書いたのですが

以前、作ったときは耐熱のパイ皿に

直接流し込んでつくったので

きれいに取り出すことができず、

端からスプーンで食べてしまったんです。

今回は底の部分にクッキングペーパーを敷いて、

側面にはバターを塗ってグラニュー糖をまぶしました。

これで、きれいに型から外して切り分けることができました。

とっても簡単なので、中学生の息子が

調理実習でこれを作ることにしたそうです。

レシピです。

リンゴ(紅玉)2個は皮をむいて(むかなくても良い)

1.5cmの角切りにしてバターで炒める。

用意した型に入れる。

卵(LLサイズ)1個グラニュー糖40g薄力粉65g

牛乳135g生クリーム200gラム酒20g

全部混ぜて、裏ごししながら型に流し込む。

180度で45分、表面に焼き色がつくまで焼く。

プリンみたいな感じですね。

当然ですが、リンゴが美味しいと

とっても美味しくできます。

|

« 私のカントリーフェスタin清里 | トップページ | 全粒粉入り ピザ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: りんごのファーブルトン その2:

« 私のカントリーフェスタin清里 | トップページ | 全粒粉入り ピザ »