« 粒ジャム入りパン | トップページ | ビスコッティ »

2009年9月16日 (水)

紙型シフォンケーキ

090916kamigatasifon1

明日はお休みをいただいてちょっと実家に行ってこようと思っています。

長男の大学院進学が決まって、

親が提出しなければならない書類などがあるためです。

今日はちょっと時間があったので

実家の母にシフォンケーキを焼いて持っていこうと思いつき、

ずいぶん前に買ってあった紙のシフォンケーキ型で作ることにしました。

いつもは金属の型で焼いていますが、紙だと熱伝導が違うので

オーブンの温度や時間が微妙に違ってくると言うことを聞いたことがありました。

そんなこともあっていままでちょと敬遠していたのです。

それに分量・・・

17cmの紙型なのでいつのも20cmの半分くらいだろうと思っていたのですが

実際流し込んでみると金属の17cmよりも容量が少ないようです。

入れ過ぎたのか、型の縁ぎりぎりまでふくらんでしまいました。

これでは逆さまにして冷ます事ができません。

やむなく、しばらくそのまま置いて、少ししぼんだ頃に

網の上に逆さまにして冷ましました。

この大きさだと、ギリギリ、オーブンに2つ入るので

20cmの分量で生地を作って2つ焼きました。

なので、一つは味見用。

090916kamigatasifon2

中心の穴がやたらと大きいです。

だから容量が少ないのかな?

オーブンの温度はいつのも170度、

時間を5分ほど長く、30分にしました。

それから、これはいつもの事なのですが、

私は天板に乗せて焼くのではなく、

網の上に乗せて焼いています。

天板だと高温になってくると、だんだん反ってきて

ケーキの上面が斜めに焼き上がってしまうのが嫌だから

というのが理由ですが、

網の方がシフォンの真ん中の穴にも熱風が通るので

特にシフォンの時には熱の回りが良いようなきがします。

生地を入れすぎたのが失敗ですが

焼き上がりは大丈夫でした。

なんにしても、失敗しながら

何度も焼いてみるしかないですね

|

« 粒ジャム入りパン | トップページ | ビスコッティ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紙型シフォンケーキ:

« 粒ジャム入りパン | トップページ | ビスコッティ »