« ストレス発散!紅葉ドライブっ!その2 | トップページ | 「小山ロール」 »

2008年11月 6日 (木)

甲州名菓「月の雫」

「期間限定」というやつに、とても弱い私です。

「月の雫」も秋の間だけの限定商品です。

数年前にちょっと耳にしたことがあったのですが、

実際に売っているのを見たことがありませんでした。

お土産屋さんとかに行けば普通に売ってたんですね?

081106tukinosizuku_2

生の葡萄を砂糖で包んだお菓子です。

レア物なのかと思ったら、山梨では昔からある物だったんですね。

いろいろな会社で作っているようです。

私は桔梗屋で見つけて、買ってきました。

お店によって味が違ったりするのかな?

あるお店の説明にこんなのがありました。

☆ー☆ー☆

「月の雫」の起源は、今から約200年余り前の江戸時代。

甲州の菓子作りの老舗の主人がドロドロにとけた蜜(砂糖)の入った壺の中に生のぶどうを落としてしまいました。

 職人が、あわてて壺の中からぶどうを拾い出して冷やすと、ぶどうの粒の周りには砂糖が美しく覆っていました。

 職人がその拾い出したぶどうを食べてみたところ、とても美味で不思議な味がしたので、当時の「甲府城主-柳沢吉保」に献上したところ、このお菓子をとても気に入り、 「月の雫」と名付けたと言う。

 そんな言い伝えがあります…。

☆ー☆ー☆

まるで「タルトタタン」のように、失敗から生まれた物だったようです。

081106tukinosizuku2 見かけ、とってもかわいいし、期待でいっぱい

とても素朴な、昔からある、ボンボンみたいな感じ?

ん~、でも私、葡萄の皮は許せても、

種をジョリジョリ食べるのはダメでした。

種なしブドウだったらもっと良かったんだけど・・・

でも娘はぜんぜん気にしないで食べてました。

県外の人には、きっと珍しいお菓子だと思います。

秋しかない物なので、お土産にどうでしょう?

|

« ストレス発散!紅葉ドライブっ!その2 | トップページ | 「小山ロール」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 甲州名菓「月の雫」:

« ストレス発散!紅葉ドライブっ!その2 | トップページ | 「小山ロール」 »